カルバトールで心因性非発作を抑える、健康状況も加味

脳の病気であるてんかんは、体がけいれんしたり手足が強張るなどの発作があります。発作が起こる要因は色々とあり、その要因の一つである心因性非発作は精神的な負担が元で起こりやすくなります。てんかん患者の人の中でも、心因性非発作を起こす人は治療が難しい傾向が。医療機関を受診しても、その症状がてんかんの症状として起こっているのか医師が判断しにくく、適切な治療を受けられないこともあるのです。この発作は精神的な負担が関係しているため、発作が日常的に起こることも珍しくありません。心理的なものでなる心因性非発作の治療方法としては、カルバトールの服用が効果があります。カルバトールはジェネリック医療薬品で安く入手でき、経済的負担を少なくして治療ができます。

カルバトールは脳の神経細胞に働きかけて、興奮を抑制するカルバマゼピンを主成分としています。心因性発作を起こす人が服用すると、その成分の作用により脳神経・末梢神経細胞に存在するNaチャンネルが遮断されることにより発作を出にくくできます。カルバトールは服用してから効果が出るまでに時間を要し、その人の体質によって治療に最適な薬の量も異なります。飲み始めからしばらくは適量を見極めるために、血中濃度を定期的に測定するなど健康状況の確認がされます。発作を抑えられる量が健康状況に影響しないかで、薬の適量が決められるのです。カルバトールは副作用として、体のだるさ、睡眠障害、頭痛、呼吸困難などがあります。発作を抑える薬の量が多くなると、体にそれらの副作用が出る可能性が増えます。健康状況の問題が出ないようにするためには、服用に際しては自分で量を決めずに医師に相談して決めることをおすすめします。