カルバトールの服用と食事について

カルバトールとは脳内の神経の過剰な興奮をしずめて、てんかん発作を抑えるテグレトールと呼ばれる薬のジェネリック医薬品のことであり、厚生省からはまだ認可を受けていないので医療機関によっては処方しないというところもあります。なので、処方してほしい場合は海外の医療機関を受診して処方してもらうか、海外の薬を輸入販売しているところから仕入れるという方法になります。また、一般的にはてんかんの薬として用いられていますが、それ以外にも気持ちを落ち着ける薬として使用されることがあるため、副作用なども多く服用の際には注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。
そんなカルバトールの服用に関する注意点のひとつが食事であり、基本的に薬は食後もしくは食膳など指定されていることが多いのですが、カルバトールの場合は特に投与間隔に指定がないため食後などの食事に関連する記載がされていないことが多くなっています。ただし分量に関しては成人であれば200mgから400mgを1日2回と定められており、それ以上の服用は副作用などを起こしてしまう可能性が高くなるため禁止されていることが多くなっているようです。
では、食事に関係なく服用することができるのかというところに関しては実際その人のライフスタイルに合わせて飲む事ができるようになっていると言えるのですが、タイミングなどを分かりやすくするという意味でも朝と夕方に飲むという人が多いようです。ただし病気や症状の状態によってはタイミングを変えて飲む事がおすすめされていますし、医師から処方されるのではなく個人で購入することが多くなっているので基本的には自分の好きなように飲んでいるという人が多いようです。